タダライズは海外で発売されているシアリスのジェネリックです。値段が安いため買いやすくコスパの良さが光るED治療薬です。

タダライズとは?

愛するパートナーとの快適な性生活を送るためには、身体の健康が一番です。

体力や筋力といった肉体的な健康はもちろん、精神面での健康も非常に大切になります。

そして何よりも大切なのは、性行為の際に性器をきちんと勃起させ、性行為を最初から最後まで行えるか、そして楽しめるかどうかということです。

そんな快適な性生活を送るのが困難な状態、いわゆるEDと呼ばれる症状を発症した際に非常に有効な医薬品がタダライズです。

タダライズはシアリスと呼ばれるED治療薬に使用される成分「タダラフィル」を使用し、シアリスを模倣して製造されているジェネリック医薬品です。

服用の際にはシアリス特有の長い作用時間と程よい勃起作用を体感することができます。

副作用も基となったシアリスと同様のものとなっているため、シアリスを服用したことがある人であれば安心して服用することができます。

日本国内ではシアリスの販売は行われていないため、購入の際には薬を海外から輸入する「個人輸入」というシステムを利用した購入を行う必要があるため、購入時は注意を払うようにしましょう。

発売メーカー

タダライズはインド・グジャラート州のアフマダーバードに本社をおく製薬会社サンライズレメディーズが製造を行っています。

サンライズレメディーズはタダライズを始めとするED治療薬、早漏症の改善薬などの性に関する医薬品を初め、女性向けの美容液、抗生物質、消炎鎮痛剤、抗菌薬、抗アレルギー剤、ビタミン剤など、多くの医薬品の製造と販売を行っています。

サンライズレメディーズで製造されている医薬品は、WHOの定める医薬品の製造管理や品質管理に関する基準(GMP)に準拠した、世界標準のハイクオリティな医薬品となっています。

したがって、サンライズレメディーズの製造する医薬品は品質等に関しての不安を感じること無く、安心して服用できます。

ジェネリックについて

タダライズはジェネリックと呼ばれる種類の医薬品です。

ジェネリックは後発医薬品とも呼ばれる医薬品で、既存の医薬品を模倣し製造されているという特徴があります。

したがって、服用時の作用や副作用といった使用時に直接影響が発生する要素に一切の違いなく服用が可能となっています。

そして一から成分の開発等を行った上で製造を行っていないため、新薬の製造や研究にかかる費用と比べて低価格で製造を行い、販売時には基となった医薬品よりも低価格で販売が行われます。

したがって、購入の際には新薬と同様の効果を新薬よりも少ない出費で得ることが可能なのです。

ED治療薬を日本国内の医療機関で処方して貰う場合、保険が適応されない自由診療となるため、治療に必要な費用が高額になります。

しかしジェネリックを使用すれば、治療時に発生する費用を低く抑えながらのED治療が可能となるため、とても便利に治療を行うことができます。

シアリスについて

タダライズの基となったシアリスは2002年10月に世界各国で発売が開始され、日本では2007年9月から販売が開始されたED治療薬です。

現在世界中で販売されているED治療薬の中でもシェア率が半数近く、非常に高い人気を誇っています。

シアリスは有効成分としてタダラフィルが使用されています。

タダラフィルは水溶性の物質ではなく、服用時身体に吸収されるまでに掛かる時間が長くなっています。

したがって、即効性という点でみるとバイアグラやレビトラといった他のED治療薬に軍配が上がります。

しかし効果が現れてからの持続時間が他のED治療薬と比べても格段に長く、服用後最長で36時間近い間、ED治療薬の効果が持続します。

そして効果が現れてから切れるまでの間に発生する副作用も他のED治療薬と比べて弱いという特徴もあるため、自然な効果で性行為を楽しめるようになっています。

こういった特徴があるため、シアリスはED治療薬の中でも非常に高い人気があるのです。

タダライズの特徴

タダライズの有効成分であるタダラフィルには以下のような特徴があります。

・効果の現れ方が非常に穏やかである
服用後効果が現れ、切れるまでの流れが自然なものになっています。

・食事の影響が少ない
他のED治療薬と比べ、食事や油分に対しての影響が発生しにくくなっています。

・副作用が少ない
服用時に発生するED治療薬特有の副作用が起こりにくくなっています。

以上3つの特徴というのは、他のED治療薬には存在していない特徴となっています。

そして同時に、これら3つの要素というのはED治療薬を使用する上で発生する悩みを解消できる要素でもあります。

したがって、有効成分としてタダラフィルを使用しているED治療薬は他のED治療薬と比べて、服用時の悩みなどを感じにくく、快適に使用することが可能となっています。

効き目はおだやか

タダラフィルの特徴として、服用後効果が現れるまでの流れが非常に穏やかであるという特徴があります。

タダラフィルは水に対して溶けないという性質のある成分で、服用時体内に吸収されるまでにある程度の時間が必要となります。

しかし一度身体に吸収されると、他のED治療薬のように数時間では切れない、非常に長い時間現れ続ける効果を実感できます。

効果時間は服用したタダラフィルの量や体質、体型等によって変化しますが、短くとも20時間から24時間、最長で36時間ほど効果が持続すると言われています。

そのため、服用の際には定期的な再服用を行うこと無く、一度の服用で長い時間性行為を楽しむことができます。

そして更に、効果の強さも他のED治療薬を服用した時のように爆発的な強さとは違い、自然な身体の働きで勃起するような、穏やかな効果の現れ方となっています。

一般的なED治療薬の場合、効果の現れ方が極端すぎると感じるほどに強く、勃起時に体に負担がかかっていると感じる人も多くいます。

しかしタダラフィルの場合、身体の持つ自然な働きによって勃起している時と同じような、非常に穏やかな作用の現れ方をするため、身体に負担がかかっていると感じること無く、EDを改善させることができます。

食事にも気を使わなくていい

タダラフィルの特徴として、食事の影響を受けにくいという特徴があります。

ED治療薬に使用される成分というのは、経口から摂取した後に胃の中で溶け、胃から吸収されます。

したがって、食事を行い胃の中が満たされた状態で服用を行った場合、十分に体に吸収がされずにそのまま排泄されてしまい、効果が現れにくいという特徴がありました。

しかしタダラフィルはその食事によって吸収が阻害されるという難点を解消するように作られているため、一般的な食事や飲酒を行った後であれば十分に効果を実感できるようになっています。

注意点として、タダラフィルは油分を多く含む食事によって吸収が阻害されてしまうため、油を多く含む食事による影響は受けてしまうという点があります。

食事によって体内に吸収される油分というのは、胃の中に入った後に胃壁や胃液の表面に油膜を作り出します。

この油膜が発生してしまうと、胃から吸収されるはずの成分が正常に吸収されなくなってしまい、効果が十分に現れなくなってしまいます。

したがって、タダラフィルを服用する際には油分を多く含む揚げ物や焼き肉、中華といった料理に対してだけ気をつける必要があります。

副作用が少ない

タダラフィルの特徴として最後に紹介するのは、副作用の少なさです。

ED治療薬に使用される成分というのは、体内の血管を拡張させる作用があります。

したがって、ED治療薬を服用した際に副作用として、顔のほてりや頭痛、動悸、身体の紅潮などの症状が現れます。

これらの症状自体はタダラフィルでも発生する可能性がある症状のため、服用の際には注意が必要となります。

しかし発症する確率で見ると、タダラフィルは他のED治療薬と比べて副作用の発症率が少なくなっており、服用時に副作用を気にすること無く服用することが可能となっています。

注意点として、タダラフィルにのみ存在する副作用の背筋痛があります。

タダラフィルにのみ存在する背筋痛という副作用は、身体の裏側に当たる腰や臀部、太ももの裏側やふくらはぎといった部位に対して、非常に強い筋肉痛の症状が現れるというものです。

この症状が発生した場合、非常に長時間痛みが継続することがあります。

背筋痛自体も発生確率は高くは無いため、過剰に不安視する必要はありません。

しかしタダラフィルを有効成分として配合したED治療薬を服用する際には、この背筋痛という症状には他の副作用よりも特に気をつける必要があります。

タダライズの効果について

タダライズの使用効果として、体内で勃起を収めようと分泌される酵素の活動を阻害する効果があります。

作用機序についてですが、まずタダライズを経口より摂取すると、胃の中にタダライズが入ります。

すると体内でタダライズが溶け出していき、体内にタダライズの有効成分であるタダラフィルが吸収されていきます。

タダラフィルが体内に吸収されていくと、体内に存在するPDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)という酵素の活性化を阻害します。

PDE-5の活動が阻害されると、脳が性的な興奮を感じた際に発する信号によって一酸化窒素が放出されます。

一酸化窒素は体内の信号伝達に非常に重要な役割がある物質であり、性的な興奮を感じた際には一酸化窒素が身体中にその刺激を伝達していきます。

そうすると、性器内でcGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が増加していきます。

cGMPには血管を拡張させる作用があり、性器内で分泌されることによって海綿体など陰茎に存在する血管が拡張されていき、血液が平常時よりも多く流れる状態となります。

そうすると、海綿体内部の血管に対して平常時よりも多くの血液が流れていくようになり、海綿体が血液によって満ちて硬化した状態、いわゆる勃起した状態が作られます。

タダラフィルによって活性化を阻害されるPDE-5という酵素には、身体の血管を収縮させる働きがあります。

このPDE-5という酵素は性器が勃起した状態になると、勃起を収めるために体内で分泌されていきます。

身体が正常に勃起できる状態であれば、cGMPの働きによって拡張した血管を収縮させ、勃起を収める働きがあります。

しかし性機能が低下している状態でPDE-5が活性化すると、性器の勃起機能よりも収縮機能が勝る状態となります。

そうすると、性的な興奮によって勃起しようとする働きよりも、勃起を収めようとする働きのほうが勝ってしまい、勃起をしても硬さが足りず性行為に影響が出るような状態となってしまうなど、EDの症状が現れるようになるのです。

タダライズの副作用について

医薬品と呼ばれるものには、どういったものであれ作用と副作用という2つのものが存在しています。

作用というのは、薬に意図的に持たしている効果の1つです。

そして副作用というのは、作用とは反対に薬に対して意図的に持たしてはいない効果の事です。

副作用は薬に使用されている成分が特定の症状1つだけに対して作用するのではなく、複数の部位に対して作用し、複数の効果を発現させる事によって起こります。

タダライズの副作用としては、以下のような症状があります。

・頭痛

・顔のほてりや紅潮

・鼻づまり

・背中の痛み

以上の症状のうち、頭痛、顔のほてりや紅潮、鼻づまりといった症状は、ED治療薬を服用した際に共通して発生する副作用です。

そして最後の背中の痛みですが、この症状はタダラフィルを有効成分として配合している医薬品にのみ発生する副作用になります。

頭痛

タダライズを服用した際に発生する副作用の1つ目は頭痛です。

この頭痛という症状は、体内の血管が有効成分であるタダラフィルを服用することによって拡張することから起こる症状です。

時間の経過によって痛みなどは治まっていきます。

したがって、副作用として頭痛が発生した際には安静にしながら痛みが消えるのを待つのが良いでしょう。

そしてもし長時間痛みが持続する場合や、時間の経過によって痛みが強まっていく際には、医師による診察などを受けるとよいでしょう。

顔のほてり・紅潮

タダラフィルの服用によって発生する顔のほてりや紅潮ですが、この症状もタダラフィルの作用によって血管が拡張することから起こる症状です。

この症状は顔に存在している毛細血管がタダラフィルの作用によって拡張した状態となり、血液が多く流入するようになることから起こる症状です。

この症状も時間の経過によって治まりますが、もし長時間顔のほてりや紅潮といった症状が取れない場合には、頭痛の際と同じく一度医師による診察等を受けると良いでしょう。

鼻づまり

タダライズの服用によって発生する鼻づまりですが、この症状もタダラフィルの血管拡張作用によって発生する症状です。

鼻腔内の粘膜には多数の毛細血管が存在していますが、この粘膜内部に存在している毛細血管がタダラフィルの作用によって拡張すると、鼻腔内の粘膜が晴れた状態になります。

そうすると、鼻炎によって粘膜が腫れた状態と同じような状態になり、鼻腔内部が塞がれ、詰まった状態になるのです。

この症状も時間の経過によって徐々に落ち着いてくるので、不安に思う必要はありません。

背中の痛み

タダライズに使用されるタダラフィルを有効成分に含む医薬品のみがもつ副作用として、背中の痛みがあります。

この痛みというのは背部痛と呼ばれるもので、身体の後ろ半分、背中側の筋肉に対して筋肉痛を起こした時と同じような強い痛みが現れるようになるというものです。

背部痛が発生する部位や背中や臀部、太ももの裏側、ふくらはぎといった全身になります。

これらの症状はタダライズの服用後、長ければ1週間から10日ほど痛みが継続します。

痛みの程度は軽度の筋肉痛と同じような痛みである場合もあれば、非常に強い痛みが発生することもあるため、症状がひどい場合は一度医師による診察を受けるようにしましょう。

重大な副作用

タダライズを服用した際に発生する可能性がある副作用としては、頭痛や顔のほてり、鼻づまりといった一般的なED治療薬を服用した時と同じような症状、そして背中の痛みなどタダライズ特有の症状があります。

そしてこれらの症状以外にも、タダライズを服用した際に発生する重大な副作用というものがあります。

副作用の症状としては、発疹や蕁麻疹、顔面浮腫、剥脱性皮膚炎、スティーブンス・ジョンソン症候群といったものがあります。

これらの重大な症状の中には、発症後処置が送れると命にかかわるような症状も存在しています。

したがって、タダライズを服用する際にはこれら重大な副作用がどういった症状なのか、前兆となる症状としてどういったものが存在しているのか、といったことを把握しておく必要があります。

また、事前症状が現れた際には素早く医師による診察と処置を受ける必要がありますが、その際にはどの薬を服用し、どれくらいの時間が経過したのかを伝える必要があります。

したがって、医師による診察を受けに行く際には何をどれくらいに服用したのかを伝えられるように、服用した時間はおおまかにでも記録しておくようにしましょう。

タダライズの使い方

タダライズを服用しEDを解消させる際には、タダライズの服用方法についての注意点を知る必要があります。

注意点として、以下のような物があります。

・性行為を行う最低2時間前には服用を完了させておく

・短い時間で効果を発現させたい場合、空腹で服用する

・グレープフルーツもしくはグレープフルーツを使用した製品の摂取は回避する

・脂分やアルコールの摂取は可能な限り控えめにする

以上4つの要素が非常に重要となります。

これらの要素を守った上で服用を行うことによって、タダライズの非常に優れた効果を発揮させることができます。

そしてここで、これらの点をどうして守る必要があるのか、というのを紹介していきます。

最低でも行為の2時間前に使う

タダライズを服用する上での注意点、1つ目は「性行為の最低でも2時間前に服用する」という点です。

このような早い時間での服用を行う理由として、タダライズに使用されている有効成分のタダラフィルが身体に吸収されるまでの時間があります。

まずタダライズに使用されるタダラフィルという成分ですが、このタダラフィルという成分は水に溶けません。

そのため、他のED治療薬のように服用後数十分などといった、短時間では薬が吸収されていかないのです。

したがって、もしタダライズを服用するのであれば、服用の際には体内に存在するタダラフィルがゆっくりと溶け出し、身体中にタダラフィルの薬効が回ってくるため時間を確保する必要があるのです。

早く実感したいなら空腹で使う

タダライズを服用する際、通常の服用であれば効果が現れるまでに掛かる時間の関係上、性行為の2時間ほど前に服用する必要があります。

しかし時にはタダライズの効果を短時間で発揮させたいという時もあるでしょう。

そういった時には、裏技的服用方法として空腹での服用という方法があります。

タダライズは食事による影響を受けにくくなっているのですが、食事を行った上でタダライズを服用すると、食物によって成分の吸収がいくらか阻害されてしまいます。

そうすると、効果が現れるまでに必要となる時間も長くなります。

しかし食事を抜き、空腹状態で服用を行った場合、タダライズの成分が身体に対して吸収されやすくなり、より短時間で効果が現れるようになります。

したがって、短い時間でタダライズの効果を発揮させたいという時にはタダライズを空腹の状態で服用すると良いでしょう。

グレープフルーツは避ける

タダライズを服用する際に注意すべき点として、グレープフルーツを使用した飲食物との併用の回避があります。

グレープフルーツを使用した飲食物との併用を回避すべき理由として、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという物質があります。

フラノクマリンという物質はグレープフルーツだけでなく、柑橘系の果物に多く含まれていますが、このフラノクマリンには医薬品の効果を強くするような働きがあります。

したがって、グレープフルーツなどフラノクマリンを含む食品とタダライズを同時に摂取してしまうと、薬の効果が過剰に高まってしまう場合があるのです。

こういった理由から、グレープフルーツとの併用は回避すべきと言われています。

グレープフルーツを生のまま食べるだけでなく、ジュースなどにした場合もフラノクマリンは分解されないので、気をつけるようにしましょう。

油分・アルコールは控えめに

タダライズはED治療薬の中でも食事による影響を受けにくいという特徴があります。

したがって食事を行った上での服用でも特に効果の弱まりを感じることは無いのですが、脂質とアルコールの摂取は避けるべきと言われています。

まず脂質が多く含まれる飲食物というのは、胃の中に入ることによって胃液や胃壁に対して、そして腸に油を含んだ消化物が流れることによって、腸壁に対して油膜を作ります。

タダライズの有効成分であるタダラフィルは水には溶けないため、胃で吸収されることはありません。

しかし油で膜が作られていってしまうと、身体の中でタダラフィルが吸収されていく部位が少なくなっていき、効果が十分に現れないままに便として排泄されてしまう恐れがあるのです。

したがって、脂質を多く含むような食事は可能な限り避けたほうが良いと言われています。

次にアルコールです。

アルコールは緊張を緩和させるような作用があり、更にタダラフィルはアルコールによる影響を受けにくいという特徴があるため、タダライズとの併用自体は特に問題ありません。しかしアルコールを摂取すると、脳から発生される神経物質の伝達が鈍くなってしまい、タダライズの効果は十分に現れるけれども勃起しないという状態が発生する恐れがあるのです。

したがって、タダライズを服用する際にはアルコールの摂取を可能な限り回避したほうが良いのです。

タダライズを買う方法

タダライズは日本国内の薬局などの店舗や、EDクリニックといった医療機関では販売されていない医薬品です。

したがって、入手する際には通常の方法とは違った方法で入手する必要があります。

その方法というのは、個人輸入という方法です。

個人輸入というのは、海外で販売されている製品を輸入する、一般的な商品の輸入を個人で行うものという認識で問題ありません。

そして個人輸入の最もわかりやすい例が海外通販です。

大手通販サイトには世界各国の専用サイトが存在しており、日本からのアクセスでは日本仕様のサイトが一番初めに表示されるようになっています。

個人輸入の場合、日本仕様のサイトではなく、他国仕様のサイトに対してアクセスし、海外で販売されている商品を購入し、日本国内に向けて発送してもらうという購入方法が、この個人輸入に該当します。

タダライズの場合、通常の通販サイトでは販売されていませんが、海外医薬品の通販を專門に行っている通販サイトを利用することによって購入することが可能です。

タダライズを海外から輸入する場合、薬機法(旧:薬事法)という法律により、他人への譲渡や販売などが禁止されています。

したがって、海外から通販サイトを利用して購入した医薬品は、すべて自分だけが使用する、個人利用に限定された購入となる、ということを予め知っておきましょう。

タダライズの価格は?

海外の医薬品を販売している通販サイトを利用することによって、日本国内では入手することができないタダライズが購入できます。

通販サイトによってタダライズの販売価格というのは違っており、中には非常に低価格での購入が可能となっているサイトもあれば、高額での販売が行われているサイトもあります。

一般的な医薬品通販サイトで売られているタダライズの価格としては、1,700円から2,000円の間となっていることが多く、平均すると1,800円ほどで販売されていることが多い傾向にあります。

したがって、タダライズを通販サイトで購入する際にはまずは1,800円程で販売されている物を探し、そこから安いサイトを探してみるのも一つの方法だと言えるでしょう。

海外医薬品の通販とは?

海外医薬品の通販というのは少々特殊な通販での購入となっており「個人輸入代行業者」と呼ばれるような専門企業を利用しての購入となります。

この企業を利用した購入というのはどういうものかを簡単に説明すると、これは「代理購入をしてもらう」というものなります。

医薬品を海外から直接購入する場合、製薬会社や薬の販売を行っている薬局などと直接現地の公用語を利用して購入の手続きを行う必要があったり、税関などとのやり取りを自分で行う必要があったりと、非常に多くの手間がかかります。

しかし個人輸入代行業者を利用した場合、業者に対して何がほしいのかを指定した後、代行業者が薬を仕入れ、その後注文したものを手元に送ってもらうため、自分が直接輸入に関する手続きを行わなくとも、海外から医薬品を輸入することができるのです。

そのため、本来医薬品を輸入する際に必要となる多くの手間がこの個人輸入代行業者を利用した通販では不要となるのです。

タダライズだけじゃない?シアリスジェネリック

タダライズはシアリスというED治療薬のジェネリックです。

シアリスのジェネリックはタダライズ以外にも多数存在しており、販売価格なども違っています。

ここではそんな多くのシアリス・ジェネリックの紹介をします。

タダシップ

初めに紹介するシアリス・ジェネリックはタダシップです。

タダシップはインドのマハーラーシュトラ州のムンバイにある製薬会社、シプラが製造・販売を行っているシアリス・ジェネリックです。

タダシップは1錠あたり20mgのタダラフィルが配合されており、PTPシート1枚につき4錠のタダシップがセットされています。

販売価格に関してですが、4錠入りのものが1,750円前後、30錠入りのものが8,300円前後、40錠入りのものが15,700円前後で販売されていることが多い傾向にあります。

タダシップに使用されている有効成分はダラフィルのみとなっているため、服用時にはタダライズ同様、純粋なタダラフィルの効果だけを実感することができます。

シアスマ

次に紹介するシアリス・ジェネリックはシアスマです。

シアスマはインドに本社をおくスマートメディサイエンスという製薬会社が製造と販売を行っているシアリス・ジェネリックです。

シアスマもタダライズ同様、有効成分にタダラフィルのみが配合されているため、使用時にはシアリスと同様の効果を実感できます。

シアスマはPTPシート1枚に4つの錠剤がセットされているものが1つの箱に入って販売されています。

通販サイトでの販売価格は、20mg錠が4つの物が1箱1800円、20錠分が8,100円、40錠分が14,400円となっています。

販売価格は比較的低価格なため、手軽に購入できるシアリス・ジェネリックの1つといえるでしょう。

メガリス

3つ目に紹介するシアリス・ジェネリックはメガリスです。

メガリスはインドのマハーラーシュトラ州ムンバイのアンダリー・イーストという地区に本社をおいている製薬会社のマクローズが製造しているシアリス・ジェネリックです。

メガリスは1箱に4錠のメガリスが入っている物が販売されており、通販サイトでは1箱、3箱、5箱、7箱といった箱単位での販売が行われています。

販売価格はそれぞれ順に1,500円、1,960円、2,369円、2,800円前後となっています。

メガリスはシアリス・ジェネリックの中でも特に販売価格が低価格に設定されているため、少ない負担でシアリス・ジェネリックの購入を行いたいと考えているのであれば、メガリスの購入を検討してみるのも良いでしょう。

ビダリスタ

4つ目に紹介するシアリス・ジェネリックはビダリスタです。

ビダリスタはインド製のジェネリックで、センチュリアンという製薬会社が製造と販売を行っています。

使用されている成分はタダラフィルのみで、薬錠1つにつき20mg分のタダラフィルが使用されています。

ビダリスタは他のシアリス・ジェネリックとは違い、PTPシート1つに10錠の薬錠がセットされています。

そして通販サイトでは10錠、50錠、100錠での販売が主に行われています。

販売価格はそれぞれ2,150円、10,250円、19,430円と比較的安価に販売されています。

そのため、シアリス・ジェネリックを低価格での購入を行いたい場合にはビダリスタの使用を検討してみるのも良いでしょう。

タドラ

最後に紹介するのはタドラです。

タドラはインドに本社をおく製薬会社のジャーマンレメディが製造するシアリス・ジェネリックです。

タドラはシアリス・ジェネリックのでも特に知名度が高く、多くの人に利用されている製品です。

1錠につき有効成分タダラフィルが20mg配合されており、非常に優れたEDの改善効果を発揮してくれます。

タドラ1箱に付き4錠のタドラが入っており、4錠入りが1,980円、20錠が8,900円、4-錠が15,830円で販売されています。

価格もシアリス・ジェネリックの中でも平均的な価格であり、優れた効果を発揮してくれる製品のため、品質に関しても安定しています。

したがって、安定した品質のものを使用し安心感を得たいという人には、タドラの使用がおすすめできるでしょう。

タダライズの派生商品

タダライズの特徴として、タダライズから派生した商品が存在するという特徴があります。

タダライズから派生した商品はシアリス・ジェネリックであるタダライズの効果と、更に違った医薬品の効果や特徴といったものを持っています。

オーラルゼリー

タダライズオーラルゼリーはシアリス・ジェネリックのタダライズを錠剤ではなく、ゼリー状にした製品です。

ゼリー状に作られたED治療薬は実は非常に多く存在しており、タダライズ以外にも多くの製品のオーラルゼリーが存在しています。

一般的なタダライズの場合、薬の形が錠剤となっているため、服用時には水を必要とします。

しかしオーラルゼリーはゼリー菓子の形状をしているため、服用時にはそのまま口に含んで咀嚼し飲み込むだけで摂取が可能なため、非常に便利に使用できます。

また、ただ単に便利に利用できるだけではなく、喉の疾患などにより物を飲み込むのが少々困難な状態にある人でも、柔らかいゼリー状になっているため、摂取しやすくなっているというメリットがあります。

スーパータダライズ

タダライズから派生した商品の中でも特に人気の高い製品として、スーパータダライズという製品があります。

スーパータダライズの服用方法などは通常のタダライズと同じであり、性行為の2時間前に服用することによって、タダライズの有効成分であるタダラフィルが作用し、EDを改善してくれます。

スーパータダライズと通常のタダライズの異なる点として、配合されている成分があります。

通常のタダライズの場合、有効成分としてタダラフィルという成分のみが使用されていますが、スーパータダライズはタダラフィルとダポキセチンという成分が有効成分として使用されています。

ダポキセチンは早漏症の防止・改善に使用される成分です。

したがって、スーパータダライズを服用した際にはEDの症状を改善するだけではなく、早漏の症状の防止や改善も同時に行うことによって、より長時間の性行為が行えるようになります。

EDを発症する人の多くは早漏症を併発しているため、EDを改善しても性行為が満足に楽しめないという人が多くいます。

しかしスーパータダライズの場合、EDと早漏症を同時に改善することができるため、思う存分性行為を楽しみ、満喫できるようになるでしょう。

タダライズを使うメリット

ED治療に用いる医薬品は多数存在しています。

バイアグラやレビトラ、シアリス、そしてこれらの医薬品を基に作らえたジェネリックなど、それこそ数えきれないほどの医薬品があります。

そんな多数のED治療薬の中でも、どうしてシアリスを使用するのが良いのか、そしてシアリス系のED治療薬の中でもタダライズを使用するのが良いのか、その理由として以下の3つの理由があります。

・長時間作用することにより、長く行為を楽しめる

・シアリス・ジェネリックの中でも販売されている錠剤の数が多い

・成分量が多い製品がある

以上3つの理由から、他のED治療薬よりもシアリスが、そしてシアリスやシアリス・ジェネリックの中でもタダライズが選ばれているのです。

週末に楽しみたい方に

タダライズが他のED治療薬よりも選ばれる確率が高い理由、それは効果時間の長さです。

タダライズの有効成分として使用されているタダラフィルというのは、ED治療薬に使用されるシルデナフィルやバルデナフィルと比べ、効果が現れるまでに時間がかかるという難点があります。

しかしその分効果が現れてから切れるまでの時間が非常に長く、一度の服用で最長36時間もの間効果が持続します。

したがって、タダライズを使用したED治療を行う際には、一度の服用で非常に長い間性行為を楽しみ続けることができるのです。

そして効果中の勃起の度合いというのも、一般的なED治療薬と比べて非常にマイルドな効果の現れ方をしてくれるため、行為中に身体に感じる負担なども少なくなっていることも、タダライズが選ばれる理由の1つとなっています。

他のシアリスジェネリックよりも錠数が多い

タダライズの特徴として、1枚のPTPシートにセットされている錠剤の数が他のシアリス・ジェネリックよりも多いという特徴があります。

一般的なED治療薬というのは、1枚のPTPシートに錠剤が4つセットされています。

したがって、基本的な服用方法で摂取を行うのであれば、4回の服用で1枚を使用し切ることになります。

しかしタダライズの場合、1枚のPTPシートに錠剤が10錠セットされているため、PTPシート1枚分だけ購入し他としても他のED治療薬で考えればPTPシート2枚半分の治療薬が購入できるのです。

こういった購入できる量が多いということは、コストパフォーマンスが高くなるということでもあるので、多くの人がタダライズを選ぶ理由の1つとなっています。

40mgがある

タダライズが選ばれる理由として最後に紹介するのは、成分量の多さです。

一般的なシアリス・ジェネリックというのは、1錠あたりのタダラフィル含有量が20mgの製品です。

しかしタダライズは1錠あたりの成分含有量が倍の40mgになっているものが存在し、販売されています。

この40mgの製品というのは、アメリカ人など身体が日本人と比べて大きな人種向けに製造されているものです。

したがって、そのまま1錠を日本人が服用した場合、過剰摂取による体調の変化などが発生する恐れがあります。

しかし1錠を半分にカットし、40mg1錠から20mg2錠に分けるような使い方をすれば、服用量の調節を行うことができます。

そしてカットによる調節を行った場合、PTPシート1枚にセットされた錠剤の数が擬似的に20錠に増加した状態となり、1錠あたりの購入価格も半額にしたのと同じような状態になるため、コストパフォーマンスが大幅に上昇します。

こういった低価格で使用できるという利点があるため、タダライズは非常に多くの人に選ばれているのです。